埋没毛、自己ケアには限界が

自分でムダ毛の処理をしていると、皮膚の下にムダ毛が入り込んでしまうことがあります。この皮膚の下に入り込んでしまったムダ毛のことを専門用語で「埋没毛」と呼んでいます。この埋没毛というのは、カミソリなどで毛の先端を無理やり切り取ってしまうので、毛の先が皮膚を破ることができず、皮膚の下に入り込んでしまうのです。

永久脱毛解説サイト(東京、銀座、肌クリニック)

もちろんこの埋没毛は皮膚の下でも埋もれた状態で生きていますので、どんどん伸びていきます。この時に皮膚の下にばい菌などが入り込んでしまうので、化膿したり赤く腫れ上がったり、最悪な時には痛みを伴う場合もあります。皮膚の下で伸びてしまった毛は自力で外に出てくることができないため、自分で先端のとがった針などで毛を外にほじくって引っ張り出すなどの処置が必要になります。そうすると皮膚の細胞を殺してしまうこともあり、皮膚が黒ずんでしまったりすることもあるのです。自分でのムダ毛の処理というのは限界があるということなのです。

永久脱毛をしてしまえば、このようなケアをする必要がなくなります。Vラインなどは特に皮膚が黒ずんでしまったり、下着でこすれて埋没毛のある皮膚を傷つけることもなくなります。脱毛をしてしまうということには、自分の体を美しく保つためにもいい影響が多いのです。現在の日本の美容医療の発展により、料金も昔のように高額ではなくなりました。永久脱毛をすることによってさらに自分磨きをすることにつながるのです。自分ケアは確かにお金はかかりませんが、低料金で美を保つことができるのです。

永久脱毛解説サイト(東京4院、フェミークリニック)
東京の美容クリニックで永久脱毛を行うなら、院長・スタッフが女性の構成となっている、フェミークリニックへどうぞ。